商業教育とは

商業教育とは、企業において必要とされるビジネスマナー、情報処理や会計処理などの実践的な知識や態度を、授業を通じて、身につけることを目的とした教育です。
特に富山商業高校における商業教育では、企業で即戦力となる人材に基本的に必要となる知識や態度を中心に幅広くカリキュラムを組んでいます。学習にとも なって、検定試験に挑戦することにより、自己の達成度を確認するとともに、業務の遂行に必要な能力を有する者として、企業における即戦力として活躍が期待 されます。また、意欲があれば、より上位の資格に挑戦したり、大学に進学するなどして、企業経営のエキスパートになることも期待できます。
企業をとりまく環境の変化に対応できるよう、カリキュラムを行っています。

 

商業教育の4分野について

各分野においては,教科の目標に示す資質・能力を踏まえ,マーケティング分野では,効果的にマーケティングを展開する力及び顧客を理解し,マーケティングの考え方を踏まえてビジネスを展開する力,マネジメント分野では,経済社会の動向や法規などを踏まえて経営資源を最適に組み合わせてビジネスを展開する力,会計分野では,企業会計に関する法規と基準に基づき適正な会計処理を行い,利害関係者(ステークホルダー)に会計情報を提供する力及び会計情報をビジネスに効果的に活用する力,ビジネス情報分野では,適切な情報を提供する力及び情報や情報技術をビジネスに効果的に活用する力を育成する。